YouTuberその他

ペットマンの年齢とYouTubeでの収入はいくら?独特な動画にクセになる人が続出!

現在、徐々に人気を集めつつあるYouTuberペットマンさん。

他のジャンルに縛られないペットマンさんならではの動画に、クセになる人が続出しています!

ペットマンさんがどういった人なのか、気になる人は多いのではないでしょうか?

今回は、ペットマンさんのプロフィールや、YouTubeでの収入についてご紹介していこうと思います。

ペットマンってどんなYouTuber?

ペットマンさんは、2020年3月に動画投稿を開始しました。

2020年11月時点のチャンネル登録者数は約2万人。
総再生回数も340万回以上を突破しており、着実にファンを増やしています。

ペットマンさんといえば、どのジャンルに属していいのか分からないほど、独特すぎる動画の数々と言っていいのではないでしょうか?

最初に投稿された動画は、工場勤務していた時期の1日のルーティン動画でした。

他のルーティン動画にあるようなBGMなく、説明文もかなり簡潔なもの。

この時点で、ペットマンさんの独特な空気感が漂っていますね笑

最初に投稿された動画であるにも関わらず、この動画の再生回数は2020年11月時点で100万回を突破。

どれだけ反響があったのかが分かりますね!

しかし、あまりに働きたくなかったが故にこの動画を公開してすぐに工場を退職され、現在は実質無職のようです。

実家暮らしで、いわゆるニートのような生活を送っているペットマンさん。

ニートで実家暮らしとなると、肩身が狭い思いをしますし、かなりマイナスでネガティブなイメージがつきますよね。

ですが、ペットマンさんはそれをものともせず、ニートの生活をYouTubeに投稿しています。

 

そして、あろうことかペットマンさんは借金を背負っていることも明らかにしています・・・!

その額はおよそ200万円
以下の動画にて、自身の借金について明かしました。

借金を抱えた理由としては、FXによるものだそうです。
働いていない身なので、現在は母親に返済してもらっているそうですね。

かなりどん底にいるペットマンさん。
しかし、そんな状況下でも包み隠さずYouTubeで配信することは常人では到底真似できないことだと思います。

1日でも早く大きな収入を得て、全て返済できるといいですね!

ペットマンの年齢は?

そんなペットマンさんの年齢が気になる人は多いのではないでしょうか?

ペットマンさんの年齢ですが、動画内で27歳(2020年時点)であることが判明しました。

以下の動画にて、ペットマンさんの母親の言葉から、ペットマンさんの年齢が判明しました。

同級生の男の子に指示を受けて仕事したりするんだで?平成5年生まれって言っちょったけん

なお、この動画のほとんどが車の中での母親との会話を占めていますが、やはりペットマンさんにかけられる言葉は辛辣なものでした。

この時点で、無職になって半年だということなので、親として心配になりますもんね。

ペットマンのYouTubeの収入はいくら?

ペットマンさんがYouTubeでの収益がどれくらい入っているのか気になる人は多いのではないでしょうか?

現在、ペットマンさんはYouTubeで収益を得られる基準を満たしています。

気になる収益についてですが、だいたい13万円〜19万円前後は貰っているのではないかと思われます!

以下の動画にて、母親から収入に関して尋ねられた際、「19万5000円」と心なしか嬉しそうに答えていました笑

とはいえ、YouTubeの収益は一定ではないようで、以下の動画(2020年10月投稿)では「13万円」だと答えていました。

収入に波があるとはいえ、徐々にチャンネル登録者数を増やしているわけですから、月収30万円以上も夢ではないかもしれませんね!

テレビ等で紹介されると、もっと認知度が上がるかもしれません。

働いて欲しいようなそのままでいて欲しいような・・・なかなか複雑な気持ちにさせてくれます。

ペットマンのプロフィール【Wiki風】

名前:ペットマン

本名:非公開

年齢:27歳(2020年時点)

出身地:島根県

職業:YouTuber(元工場勤務)

家族構成:おかか(母親)、父、祖父母

まとめ

YouTuberとして徐々に人気を集めているペットマンさんについてご紹介しました。

実家暮らしのニートで借金を抱え、年金と健康保険も払えていないというまさにどん底なペットマンさんですが、それでも包み隠さず動画で発信を続けるペットマンさんに、

ある意味勇気付けられる人は多いのではないでしょうか?

 

今後の生活も心配にはなりますが、YouTubeでの活躍も楽しみですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。